空間噴霧のお問い合わせが増えております。


先日弊社のブログで公開した「国立感染症研究所

が、新型コロナウイルスはエアロゾル感染でも

波及していることを認めた(2022/3/28)」という

件について、多くの観光業・飲食業からお問い

合わせが来ています。空間噴霧についての有効性

と安全性を都度ご説明させていただきながら、

超音波霧化器『JMー200』(日本製)をお薦め

しております。


 JM-200と他の空間噴霧器との違いは、非常に

細かい霧(平均粒径約3ミクロンメートル

:一般的な製品は約5ミクロンメートル)を

出すことができるので、周囲の床が濡れにくく、

より遠くまで揮発した次亜塩素酸水溶液を飛散

させることができます。また、ご要望に応じて、

外国人の方でも読めるようなPOPも

お配りしております。


 蔓延防止等重点措置も解除されたことに準じて

これからゴールデンウィークにかけて多くの人流

が訪れ感染リスクも増えてくることが想定

されます。これを機に今一度、自社の菌・

ウイルス対策について見直したいという方、

一度ご説明だけでも伺ってみたいという方が

いらっしゃいましたら是非お気軽に

お問い合わせください。