水しぶき.png
CELA ロゴ.png

快適空間をお届けする除菌・消臭水

drop of water created ripple against white background.jpg
Woman with bottle of insect repellent spray on white background, closeup.jpg
水しぶき.png

CELA(セラ)水は、どなたでも簡単に安心して使用できる
次亜塩素酸を主成分とした除菌・消臭水です。
​次亜塩素酸のもつ酸化作用により、
菌やウイルスを除菌し、ニオイを分解します。
また、対応する超音波霧化器にて空間噴霧を行うことで
​自動で除菌・消臭を行うことが可能です。

※CELAはミツヤテック株式会社の登録商標です。

​CELA水は、主に以下のような場所で多くのお客様に使用されています。

使用箇所.png

宿泊施設

介護施設

医療施設

​飲食店

オフィス・自宅

動物施設

​教育施設

​入浴施設

こちらでは、CELA水を使用する際にとても大切な3つのポイントご紹介致します。

​point1. CELAの安全性について

​point2. CELAの有効性について

​point3. CELAの空間噴霧について

Cute caucasian infant baby in white nappy on light grey blanket. Top view. Banner format.

安全性について

CELA ロゴ.png

快適空間をお届けする除菌・消臭水

 

弱酸性だから安心

CELA水に含まれる次亜塩素酸は、元来人間の体内で生成されており、

体内に入ってきた様々な菌やウイルスと闘ってくれる成分です。

きちんとした濃度管理が行われて生成されるCELA水は、

赤ちゃんの肌にも優しい弱酸性。【pH6.5±0.05】

​目や皮膚についても刺激性がないことや、

誤って飲み込んでしまっても問題のないことを

第三者機関にて確認済みです。

だから、どなたでも安心してご使用いただけます。

安定性が高いから高品質

CELA水は、赤ちゃんの肌にも優しい弱酸性を

長期間保つことに成功した次亜塩素酸水溶液です。

液性の安定性は、効果の持続力や安全性に大きく関わるため

「安定性を保つ製品=品質の高い製品」ということになります。

CELA水は、その品質の高さから、医療・介護施設や観光業、畜産業、

食品工場などの様々な業種で認められ使用されております。

水で薄めないから簡単

CELA水はそのままお使いいただけるように

安全性を最優先に塩素濃度【50ppm】で開発されております。

弊社では、専門の取扱資格者が日々管理して製造しておりますので、

お手元に届いたCELA水はそのまま希釈せずにお使いいただけます。

 
Woman with bottle of insect repellent spray on white background, closeup.jpg
水しぶき.png
Light wooden tabletop. Table on white background..jpg

有効性について

CELA ロゴ.png

快適空間をお届けする除菌・消臭水

強力な除菌・消臭力

CELA水は、次亜塩素酸の持つ除菌成分【HClO】の含有率が高く、

菌やウイルス・有機物由来のニオイ、すなわち

汗臭やたばこ臭、生ごみ臭、糞尿のニオイなどと接触すると

瞬時に反応して除菌・消臭力を発揮します。

​また、CELA水自身は反応後に水【H2O】に変化するため、

特有のニオイや残留性はありません。

気になる所にシュッと吹きかけるだけで

​CELA水の除菌・消臭力を体感いただけます。

特許技術による高い保存性

従来の次亜塩素酸水は、除菌力の維持が難しく保存性が課題でした。

CELA水は水道水に次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を

独自技術で希釈混合することによって

長期における除菌・消臭力の維持を実現しました。

※特許第4413983号(ミツヤテック株式会社)

日光の当たらない涼しい場所で保管していただくことで、

製造してから6ヶ月後でも約80%の効果を保ちます。

※CELA水は長期保存可能ですが、より効果的に使用するために、

製造日より6ヶ月以内、開封後3ヶ月以内の使用を推奨しています。

空間噴霧について

CELA ロゴ.png

快適空間をお届けする除菌・消臭水

 

空間噴霧の安全基準値

​厚生労働省は、労働安全衛生法の中で、空間に存在する塩素濃度の

安全基準値を【500ppb】以下と定めています。

弊社では、CELA専用超音波霧化器 JMシリーズを使い、

空間の塩素濃度がどの程度存在するのか測定を行っております。

​結果、人が吸入する恐れのある箇所での空間噴霧時の塩素濃度は、

厚生労働省の定め安全基準値を大幅に下回っていました。

全身吸入暴露による急性毒性試験

ぜんしんきゅうにゅうばくろ

全身吸入暴露(ばくろ)による急性毒性試験とは​、

密閉された空間の中で実際に空間噴霧を行い、

生き物がCELA水を肺に取り込んだ際の影響を調べる試験です。

CELA水は、180日間止めることなく噴霧を続けても、実験動物に

影響がなかったことが第三者機関にて確認されています。

空間噴霧目的

​CELA水を空間噴霧する主な目的は、

​床や壁、モノなどに付着している菌やウイルスの除菌です。

空間に浮遊する菌やウイルスの除菌ではありません。

菌やウイルスは何かに付着して安定するため、

空間に存在する浮遊菌よりも付着菌の方が遥かに多く存在します。

換気をすることで浮遊菌はある程度減りますが、

一方、付着菌は換気では減少しません。

空間噴霧によって揮発したCELA水の次亜塩素酸は、

床や壁の表面に多く存在する付着菌と接触して反応し、

除菌・消臭を行います。