マンダラート

突然ですが、マンダラートってご存じですか?

 

「マンダラートとは、発想法の一種。紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。」(ウィキペディアより)

 

目標設定から実現までのプロセスを明確化できるフレームワークなんですね。

メジャーリーグで大活躍している大谷翔平選手が高校生の時(!)に作成していたことで注目されたそうです。

 

弊社でもマンダラートを活用して新規プロジェクトに取り組んでいます。

まず中央の枠の真ん中マスにメインの目標を記入し、その目標達成に必要な要素を8つ書き出します。

その8つの要素を周囲の枠の真ん中マスに記入し、それに必要な要素を8つ書き出します。その結果72個の目標達成に必要な要素に細分化できます。

目標を達成するために必要なモノは何かを深く深く思考することで、目の前の道が開ける感じがします。

メインの目標を8つずつ細分化していきます。


スタッフも個人目標をマンダラートで作成してみました。

 

いかがでしょうか?

やるべきことをクリアにできて、目標を達成できる気がしているそうです。

 

モヤモヤするとき、このような手法を使って思考整理をしてみるのもいいものですね。