CELA水とは?

CELA水とは次亜塩素酸を主成分とした、原液のままで安心して使用できる画期的な除菌・消臭水です。

 

液性:pH6.5±0.05

有効塩素濃度:50ppm

生成方法:二液混合


水道水に、除菌力のある次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)と希塩酸(食品添加物)を希釈反応させ、これまで困難とされたpH制御を可能にしたことで、より高い除菌・消臭効果を「安心・便利」に使うことができる微酸性の次亜塩素酸水溶液です。(非電解)

※CELA水は次亜塩素酸ナトリウム水溶液ではありません。混同されないようお願い致します。

 

弊社では12年以上に渡りCELA水事業に携わっており、多くのお客様にご愛顧いただいております。

※ミツヤテック株式会社製 CELA生成装置

 特許第4413983号


水で除菌・消臭とは?

CELA水は微酸性(人の唾液に近い酸性度)の次亜塩素酸水溶液です。

液性や塩素濃度を安定させて生成していますので、希釈せずにお使いいただけます。

 

微酸性なので、周囲に付着してもさびなどは発生しにくく(腐食作用は水道水と同程度)、強い刺激臭もありません。

使用後は水道水と同じく排水できます。

 

除菌効果が高く、次亜塩素酸ナトリウム希釈液(ハイターなど)よりも早いスピードで除菌できます。

 

次亜塩素酸を主成分としているCELA水は除菌だけでなく、強力な消臭効果も併せ持っています。

スプレー等で直接噴霧したり、超音波霧化器などで空間霧化することで、悪臭の元を分解し、すばやく消臭します。生活におけるペットやタバコ、生ごみ、トイレなどで発生する悪臭(アンモニア・メチルメルカプタン・トリメチルアミン・硫化水素)にも効果を発揮します。

 

 

有効塩素の存在率

除菌力の比較

脱臭効果確認試験

CELAが選ばれる理由

希釈不要

CELA水は原液のままお使いください。

希釈の手間なし、誰でも適切な濃度を保ってご使用いただけます。

希釈による人為的な間違いが起こらず、有効な除菌アイテムとしてお使いいただけます。

長期保存

直射日光を避けて冷暗所に保存しておくことで、製造日より6か月後でもほぼ80%の効果を保つ試験結果を取得しております。

弊社では全ての製品を遮光性の容器に入れて提供しています。

 

触れても安心

CELA水は皮膚についても手荒れの心配がありません。第三者機関によって眼、皮ふ、口、肺に入っても安全であるということが認められた試験データを取得しています。

優れた消臭力

CELA水は汗臭・体臭、食べ物やたばこ等有機系のニオイに反応し、臭いの元を分解して消臭します。微かな塩素臭がありますが、有機物に反応した後は無臭になります。

※化粧品、殺虫剤など無機系の臭いは消臭できません。

 


布製品にも安心

CELA水を衣類やカーテンなどに噴霧した場合、変色の心配はありません。

ほかにも靴・スリッパ、椅子・ソファー、車のシート、ぬいぐるみなど布製品にお使いいただけます。

また、革製品や絹等水に弱い材質にもご注意ください。

 

空間霧化

CELA水は吸引ばく露試験にて肺に吸い込んでも安全であるという確認をとっております。

会議室やホテルの客室などの除菌にもおすすめです。

空間霧化には弊社で提供している専用の超音波霧化器のご使用をお勧めしております。

 

環境に優しい

廃棄する際はそのまま下水道に流して問題ありません。

但し、合併浄化槽の場合、微生物を使っている為、大量のCELA水が一度に流れ込むと微生物が死滅してしまう可能性があります。

その際は少量ずつ、または希釈して流してください。

カビの抑制

CELA水はカビの発生を抑える作用があります。

しかし漂白やカビ取りはできません。

清掃後や漂白後にCELA水を噴霧することでカビの予防ができます。